ワタシの暮らしの忘備録

空と海の間で暮らした、私のこれまでイマココこれから

今日の空

暑中お見舞い申し上げます

昨日は暦の上で「大暑」だったそう。

1年で1番暑い時期ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

学生の皆さんは

夏休みに突入とのこと。

感染対策しながら

去年の分まで

今夏を楽しめますように…。

 

▼年に1回は手作りするようにしている冷やし中華。我が家の場合、赤いハムでもなく、ロースハムでもなく、チャーシュー派。もやしのことをすっかり忘れていたので、今年は人参のナムル風にしました。

f:id:sorahitoumi:20210723212837j:image

 

 届くはずの〝ワクチン接種券〟がどこをどうすれば行方不明状態になるのかは謎ですが、そのおかげで、もっと早い時期に予約ができたのに、手元に届いた頃にはなんとか1回目を7月に受けることができるという状況に、何のための基礎疾患の人たちを事前登録させたのかとか、何のためにかかりつけ医でのワクチン接種だったのかとか、何のための合理的配慮なのか…とか、いろんな、ドウシテクレヨウ案件を締めくくる〝とか〟が続いている今日この頃の我が家ですが、こんな日々は通常運転。
※いや、通常運転なのはオカシイはずなんですけれどねっ。ぷんすか。)

 

 お陰様でメンタルの免疫が強くなっているからか、副反応が強くなり、苦情電話を方方へかけまくる日々になっています。苦情を聞いてくださっている方たちが

『あなた様のおっしゃられていることは、正論です。』

と、本当の意味で返答してくださっているのかはわかりませんが、その言葉を発したということは、今後の体制が変わってくれるドアを叩けたのだろうと思う次第です。ハイ。

 

 ワクチン接種券に纏わる話は〝●●砲〟とまでは言えない大抵の人たちにとって〝どーでもいい話〟かもしれませんが、脳内に溜まったままで忘れられないくらい根強いモノになる前に1度吐き出しておこうと思っておりますので、期待しないでお待ちください。

 

 中指立てたくなるような日々をやり過ごしている中、モチベーションを削られ疲弊しないように、散歩がてら行ってみたい場所へ訪れ福岡市内を歩いたり、公共の施設へ見学にいったりするたびに、

 「なんで、もっと早く福岡に住もうと思わなかったのだろう…

沸々と沸き上がってくるんです。

もっと早く福岡で暮らしていたら、良い意味でも悪い意味でも、また違った未来があったかもしれない。もし、私や息子にとって、〝より良い未来の扉〟を開き辿りついていたとしたら…なんていう思いになって泣きたくなるけれど、そう思うのは、今現在のメンタルな私だからのことであるんだよね…。なんて言葉で自分を窘めています。

 それとは別に、もっと早い時期に息子と移住していたとして、様々なことが良い面でも悪い面でも豊かな福岡という地で、以前の私なら選び方を間違っただろうし、子どもも行動統制も抑制も難しい時期だったなら、商店街の道路にある〝アンパンマンたち〟のタイルにイチイチ捕まって離れられなくなってしまっていただろうなぁ…なんてことも浮かんでくるわけです。それはそれで、疲弊していただろうと思われるので、今でよかったのかも…なんてことで、沸き上がってくるいろんな思いをおさめている状況です。

 

f:id:sorahitoumi:20210723212954j:image

 

 とにもかくにも…。〝アンパンマンダイスキっ子たちは、道路のタイルとかに、みんな捕まってないとかなぁ??? 〟なんてことを思いながら、路線バスの車窓からみえる、リバレイン福岡のアンパンマンミュージアムに、いつ見学しようかを考えている、アラフォー後半の私ですが、行っても大丈夫でしょうか???

 

きょうはこのへんで…