ワタシの暮らしの忘備録

空と海の間で暮らした、私のこれまでイマココこれから

chemistry

喜びや怒り哀しさや楽しさで 心が揺れ動き、魂が震え 私のバイブレーションが この世界に弧を描いていく 私の描く弧と 他の誰かが描いた 弧や円が重なり また別の形の弧を描き 輪となっていく 夜空に浮かぶ星たちを 線で結べば星座となるように 私やあなたは…

なぜ、今が大切なのか

あなたのその暖かな両手で しっかり私のこと 掴んで離さないでほしい 哀しみの海で一人 打ちひしがれている時は あなたのその温かな心で そこから連れ去って 私がここに在ることがわかるよう そっと抱きしめてほしい 言葉とは違う もっと別な魔法で 私は満た…

今日の空

寒-----い朝だったからか 身体が冷えてるようで 両手が動かしづらいし 身体を動かすのがしんどいです。 身体を温めるのは 外側も気をつけるようにしていますが 厚着しすぎると 逆に身体が動かせなくなるので 効率よい方法を探しています。 今年は難しい…

イマサラな私の心の中

またもう一度はじめから やりなおせばいいと思って 今日までいろいろやってきた 急ぎ足で生きているつもりはなくても 元気になって 仕事がまたできるようになって 当たり前のことが 当たり前にできていく日々を 噛みしめるように生きてきた それでも、悔しい…

やっと気づいた

遠回りで帰る家までの道 秋色に染まる公園の並木道を 自転車で通り過ぎる 風が吹き揺れる木々から 枯葉がベンチへ ヒラヒラと 舞い落ちている 暖かい日差しが眩しくて 帽子を目深に被りなおしたら さっきまで 見えていなかった景色が 私の目に飛び込んできた…

のびしろ

今、やってることが なかなかうまくいかなくって 後戻りしているように感じる時は 今までできていたことも 出来なくなることもあるし なかなか前に進んでなかったり どんどん後退していくばかりに感じて 時々不安でいっぱいになってしまう。 そんな自分を自…

地に流れる天の川

初めて訪れた神社の中を 失礼のないように 全体をみて参拝したら 月夜見命と刻まれた石碑をみつけ とても嬉しくなりました。 丁度紅葉の時期ですし 空を見上げてみたら 赤く色づいた紅葉の葉がいっぱいで まるでそれが天の川にみえました。 先人の方々の計ら…

天まで届け

胸にたまった 悲しいキモチも全部 ふーーっと息を吹いたら 虹色にきらめく まぁるいシャボン玉となる そよ風に運ばれ 空の上のほうへ 飛んでは消え おかげで私の気持ちも軽くなる するといつの間にか その悲しみは変化して 懐かしさを呼び覚してくれた だか…

Please tell me, god.

ただ、息をして ただ、身体を動かして ただ、美味しいもの食べて ただ、大切な人たちと 一緒に笑ったり 愛する人たちの側にいて ただ、好きなことや ただ、興味があることで 私が喜んだり それが、誰かの役に立ったり 喜んでくれるなら このほかないと思う。…

その花をみようともしなかった僕へ

誰かを『好き』だという 想いの種が 僕の中で育まれ いくつもの 恋に落ちてきた 僕の中でその種が 芽をだすことはあっても 差し出した君の前で 花が開くように 魔法をかけて プレゼントしていたから 僕の中に芽生えた種が どんな形や色の花かも 知ることもな…

相反する中で対比し照らし合わせる

この地球の生物は 交わることのない 相反する世界の中で 生きている 私たち人は この世界の中で生きながら 己の中に 善と悪の二つの面を持ち 折り合いをつけることで 生きている ただ、自分1人では 〝感じる〟ということは なかなか難しい 対比するものがあ…

体験を通しても感じ方は違う

毎年恒例の24時間テレビはいつの間にかみなくなっていましたが今年の夏は、久しぶりに時々チャンネルを変えて観ていました。わざとらしい演出などが嫌だなと思うことや我が家は常に24時間実況生中継生活なので(苦笑)我が家のことで精一杯でしたから、…

「覚悟」 2015年12月13日facebookより

こんなのあったー忘れてたー 2年前に気がついていても 実際にはなんにもできてなかったのよね。 ______________ 2015年12月13日 18:03 UTC+09 「覚悟」 自分の問題は自分には身体に出る でも、大抵の人は自分の問題だと思ってない で、わかん…

自閉脳と一般脳②

脳のことも身体のことも私は人よりも少しだけ著書や講座から学んで得たことと実体験を通し体感していることや経験値からの話なので、学術的な話や専門的なことは正直わかってないと思います。ほとんど感覚で捉えているので、この私のブログを読んだりしても…

名前はあると思うが余所ん家の猫

今年、夏目漱石生誕150周年だそうで 県内各地様々なイベントが開催されているようです。 我が県は漱石ゆかりの地なので 県内各地所縁の地があるようですよ。 夏目漱石といえば、 発達障害の検査をする際受けた 一般常識の質問に答えるときに お髭の頭抱えた…

今日の空

立冬を迎え、冬がはじまったばかりの今日は しとしととした雨が降ったりやんだりして 時々雲の隙間からお日様が顔をのぞかせたりと お天道様のご機嫌も 忙しい一日だったように思います。 私がインスタを始めたのは去年の12月頃でした。 以前仲良くしてい…

ルーツを辿る

私の父方の祖父は、満州事変で朝鮮半島に渡りましたが、戦争中寒さで手の指が凍傷になり指を切断することになったので、戦死を免れたと聞いています。 その後、水俣のチッソ工場で褌一枚で働いていて、父が生まれる前かその後に、水俣から現在の天草の実家へ…

Fall

私のいる今の地点から 上に上がっていくのも 下に下がっていくのも 私にとって 未知の世界に 落ちていくことと 同じこと

私にとっての「生きる」

私にとって 「生きる」ということは ほぼほぼ自分を探し 普通という基準に 達することだった。 みんなと同じように考えたり スルーできる体質になりたかった。 自分が選びたいことは 常識から外れてしまうけど 正直言って 警察に捕まるほどでもない ほんの些…

ダメダシ…それも愛

本日の今日の空を綴っていて思い出したので、今日はそのことを…。 高校卒業後の希望の就職先を決める際、私の希望する企業に対して就職のアドバイスする商業科の先生に反対されたことがありました。 なぜなら、私は成績が悪かったので『絶対落ちるに決まって…

今日の空

このころしばらく秋晴れが続いていましたが 今日から少しお天気崩れるみたいです。 これから雨が降る度に 少しずつ寒くなっていくのでしょうね。 ああ、今日は土用の最終日で立冬ですね。 冬の始まりの日であって 日本では別の意味で 『かぼちゃ祭り』な日だ…

今日の空

三連休は雨に降られることもなく 自宅でゆったり過ごしました。 母がくれたみかんがしわがれてきたので 100%のみかんジュースにしました。 めちゃめちゃ美味しかったので また今日も残りのみかんを ジュースにしました。 おいしゅうございました。 三連…

自閉脳と一般脳①

スピリチュアルとか自己啓発とか占いとか私は大大大好き♡人間ですが、いたって現実的な日常に落とし込むことに日々費やしているような気もする昨今です。 3年あたり前からは、精神世界と物質世界をどう自分に落とし込んでいくのかを模索してきた日々だった…

右巻きと左巻き

自分の過去を遡って思い出したことを今日は記事に残しておこうと思います。 タイトルが『右巻きと左巻き』にしたのは、ちょっとした理由があって、私は僻地(へきちという言葉は差別用語だそうですが、ここでは使用します。)で生まれ育ち、地元の小中高9年…

今日の空

朝窓を開けると肌寒さを通り越して 「さむっ」と思わず身震いするような 冬の始まりを今日は感じました。 三連休西日本のほうは 晴れ間が続くといいですね。 先日三十日詣でに行きました。 ブログの読者登録をしていると 毎月1日や30日は私が忘れていても…

岩戸を開くということ

自分を越えることができるのは 自分でしかない。 その越え方にお手本はない 道なき道を歩いていくときは 新しい道を自らの力で 切り開いていくしかない。 それは、私たち人にとって 『己を開く』ということなんだと思う それは、『岩戸開き』みたいなもので …

飾りじゃないのよ技術は

リアルな友だちもネット内にも友だちがいない今日この頃なので、SNSやテレビ、ブログなどを読み参考にさせていただいていますが、最近しびれた言葉がいくつかありました。例えば、元彼と今彼の間がかぶっている場合にそれらを『のりしろ』ってつぶやかれ…

今日の空

いい天気に恵まれましたが 結構乾燥しているような気もします。 寒くなったので 水分をとりづらくなってるようなので こまめに温かい飲み物や スープなど汁物をとったりなどして 身体の渇きに気をつけようと思います。 秋まっただ中の10月ですが 先日、熊…

思考の森の王女

「私、本当はそんなに強くないのに…」 そんな言葉が私の中でコダマしている マイッタナ… なんでこんなことになったんだろうかと また、意味ばかり探している もしかしたら私は そんな思考の森の中で 彷徨っていた自分を 自分で嘲笑って ずっと生きていたのか…

『おわり』のない伝言ゲーム

不確かな情報ほど 人は翻弄される 見えている 聞こえてくる 自分以外の誰かの言葉や 誰かが切り取った物事が どんどん上書きされ 真実などひと欠片もない 不確かな情報にめもくれず 伝言ゲームが繰り広げられていく 途中それらに疑問ももたず ただ、流れる情…