ワタシの暮らしの忘備録

空と海の間で暮らした、私のこれまでイマココこれから

今日の空

写真は今日じゃない( ゚д゚) 夏休みも約1週間となりました。 我が家は常にマイペースに一日一日を過ごしています。 お盆あたりから少し涼しくなって 過ごしやすくなったと思ったら これでもかな残暑がやってきて 体調管理が本当に難しいなと思う 今日この頃で…

眩しすぎて

私だけのために 時々入れてくれる コーヒーが 今日はちょっとだけ 苦い気がする いつもとは違うように 感じているのは たんなる私の 思い込みってヤツで あなたはどんなことがあっても 揺るぎない確たる自分がいて それはあなたにとって 通常運転だったんだ…

今日の空

朝ゴミ捨てにいく途中空を見上げると 台風が来る前のような空になっていました。 天気図をみたら日本の下のほうに 台風が発生していますね。 あっという間に曇り空になり パラパラと雨が降ってきました。 せっかく洗濯しましたが 今日は室内干しになりそうで…

一年間の受診で得たこと

ここ一年は折に触れて神田橋先生への受診をしてきました。先生を初めて受診したのが約6年程前になります。私の状態が安定していた時だったので、先生の受診を拒んでいたわけではないのですが、状態が悪くないのに先生の受診するのはなんだか気がひけてしま…

成長も時間も待ってくれないのだから...

子育てや進行する病を治療中の方などにはわかっていただけると思いますが、子どもの成長も病の進行も待ってはくれないと思うんです。赤ちゃんなんて、一日といわずたった数時間で今までできなかったことができるようになったりしますし、三つ子の魂百までと…

伴走はもういらない

ワタシ、自分が地を歩くグループだと 最近気づいたばかりだからか なんだか一人置いてかれてる気持ちだし ちゃんと歩いてるつもりでも 同じ場所で地団駄踏んでるようで なんだか捨て猫になった気分で 寂しかったの。 でもね、ふと、空を見上げてみたら 小さ…

ちゃんとかまってないだけなんだけどね

iPad育児のことがタイムラインに流れてきたので、今日はそのことを考えてみました。 今の子どもたちは、赤ちゃん時代から、アンドロイド携帯やiPadなどの電子機器に触れる機会が多いと思います。うちの子が幼児期の頃は、テレビに子守りをさせてはいけないと…

今日の空

今日のお昼に出かけたら 激アツ過ぎてびっくりしました( ゚д゚) 写真は昨日の空。 昨日は家族でプールに行きました。 息子が希望した場所で ウォータースライダーもある施設です。 初めはプールの中で歩いたりしましたが せっかくウォータースライダーがあるの…

細やかでも思い出は思い出

私が今あなたに言えることは ただ、世界で1番大切だという その一言だけ 折に触れてぽっと浮かぶ あの日の出来事は もう、遠く遥か昔のこと どうか、神様お願い このまま、今のまま この毎日の中で 大切なあの人の ただ側にいて 息をしていることを 見守るこ…

今日の空

夜中に土砂降りの雨の音で目が覚め ゴロゴロピカピカの雷の音におののきながら いつの間にか明け方になっていました。 昨日から眠いわ怠いはお腹は空くわな 二日間を過ごしています。 今日も息子と取っ組み合いの喧嘩をしました。 両親を巻き込むぐらい派手…

学ぶことから得たもの

私にとって学ぶということは、テストの点数を取るためだけではなく、この世の仕組みや不思議なことを知ることで、生きづらさを解消させてくれる一つの方法になっていたなぁと思う。 高校生の頃、勉強することの意味が突然わからなくなり、意味を見出せないま…

想いが消えてなくなるまえに...

あなたとの思い出を 思い出しながら辿るたび どれくらい涙を流せば 心に空いた隙間は 埋まるのだろう あなたがそばにいなくても 抱き寄せられなくても あなたの暖かな笑顔を 思い出すだけで 温もりを感じられる日が 来るのだろうか? 何気なく過ぎ行く日々の…

知ることが学び

この世に生を受けた日から 私たちにとって どんな些細なことも 学びになる 両親からの教えだけでなく 自らの生きている日々の 当たり前のことが 明日という未来の私の糧になる 失敗も成功も 自分には全く関係ないことでも 全ては繋がっていて 連続している中…

今日の空

連日の猛暑が嘘だったくらい 今日の朝は涼しく秋の気配を感じました。 毎年お盆は実家に帰省しますが 帰省ラッシュを避けるために 渋滞しない日時を選んで帰っていますが 今年は山の日という祝日ができたので 13日はそんなに混雑しないだろうと 思って呑気に…

飛べるのに飛ばない人

翼があってもなくても 飛びたければ 飛べばいいし 飛びたくなければ 休めばいいのに 人間は飛ぶことだけに 注目して 己の翼のことなど 忘れてしまう生き物

今日の空

最近久しぶりにお絵描きしまして その時筆ペンで描いた コウテイペンギンの赤ちゃんズです。 ぎゅうぎゅう感でてますでしょうか? 先日の満月前後から久々調子が悪くなり 鬱が到来しました。 ただ、これは良くなる前触れの 最後の悪あがきのようなものだと …

私という奇跡

大切だから ずっと側にいたい 大好きだから ずっと側にいたい 愛してるから 遠く離れても あなたが隣にいるように 感じ信じられる たとえ、二度と 会うことがなくなっても 限られた年月の中で 育まれてきた 一つ一つの出来事が 愛されていた軌跡だと 今気が…

今の私にできること

上を向いても 前を向いても よく回りをみて 転ばないように 怪我しないように 注意して歩いていても 躓いて転ぶこともあるし 怪我をすることもある どんなに工夫をしても どうしようもない時は ただ泣くしかないんだ 今の私には...

コミュニケーションはナマモノ

ピッチャーが投げるボールを 受け取るのはキャッチャーの役目 直球で投げたつもりのボールが なんだかズレてしまっても キャッチャーミットへ ボールを収めて受け取ってくれる コミュニケーションはキャッチボール 心無い直球の言葉で 投げかけられた事を ダ…

探る

海中にある貝を捕る為に 海面で息を吸って 素潜りで息を止め グングン進む 両手で海水をかきわけ 両足をばたつかせたりして 貝の場所まで一気に辿り着く 見えていた貝を手に採り 海面まで戻りよくみてみると 最初に思っていた 形や大きさではなかったりして …

今日の空

真夜中に目が覚めて 今日は水瓶座の満月な月食だったことを 思い出しましたのでしばらく月光浴しました。 途中雲に隠れてしまいましたが 3時代には月食が始まっていて みることができました。 下の写真が月食中の月です。 小さいのでわかりづらいかも。。 満…

今日の空

台風の被害は全くありませんでした。 少しだけ風が強く 台風が近づいていることを 感じたくらいで たくさん降るだろうと思っていた雨も ほぼ降ることはありませんでした。 これからが降るのかしら。。 四国、近畿地方へ 直撃コースとなっていますので どうか…

意味を見出せない

ツマラナイ毎日にしてるのは 自分なことくらいわかってる 意地汚なさ丸出しの 感情論を振りかざして 誰かを責めたところで それは結局 私自身を責めていることと 同じなことも... わかりすぎてて ヘドがでそう。 ただ、あなたには 私という人間を わかってて…

今日の空

週末の天気が気になります。 明日は庭を片付けたりなど 準備をしようと思います。 災害がないことを祈るばかりです。 やはり、台風前だからか空が綺麗です。 昨日久しぶりに夕陽を見に行きました。 写真奥に見える山は普賢岳です。 島原半島の方へ夕陽が沈ん…

無料とかお手伝いとか

数年前にイベントや知人の紹介などで知り合った方から チラシやDM、ロゴなどの制作のお手伝いをすることになったり 自分が主催となったイベントでもチラシ制作をしていたことがあります。 制作するにあたり、チラシの制作費はワンコインいただく程度だったり…

永遠に

この世界のどこかで また会えたらなんて 思っていた頃は 自分自身のことさえ わからなくて ただ、あの人に 赦しを乞うためだけに 生きなきゃって そう思っていた 自分自身を赦せば それだけで十分だと わかったから これからは自分のために 毎日を楽しむこと…

来来来来世は?

台風が近づいているからでしょうか? 見上げたら雲ひとつない青い空です 少し歩きたくて暑い中 公園を歩きました。 風が吹けば以外に過ごしやすく 木陰でポーッとしました。 どなたかのブログで「君の名は」のセリフを書いていらっしゃった方がいて、そのセ…

今日の空

昨日と今日は外出するほうが 危険な予感がしました。 散歩するにもアスファルトが 激アツで目玉焼きでも 焼けそうな毎日です。 夕立が降って欲しい 今日この頃です。 車のボンネットで 目玉焼きでも焼いてみようかしら。。。 近所にある蓮根畑が大きな葉を広…

〝夢〟だからリアル

あの時描いていた〝夢〟は もうすでに叶っていて その〝夢〟から 目覚めたくない私が 現実でジタバタと 地団駄を踏んでいる 見えている景色が同じだから 同じ場所のままだと 思いこんでいたけれど 私は〝夢〟の世界に 心を預けて生きていたのだから その〝夢…

普段使い

私のことを考えて いろんなサポートを してくださっているのは 想定している ただ、それらは私にだけ 向けられているとは ハッキリわからないし そう思えないから 良いことも悪いことも どちらも受け取れない 差し出してくださる 様々なことを ギフトだとは…

今日の空

弟家族が実家に帰省したので それに合わせ私たちも 実家にしばらく帰省していました。 出かけた先で久しぶりに 「ほうせんか」が咲いているのをみつけました。 「ほうせんか」って 沖縄では「てぃんぐさぬ花」って いわれているのですね! 今日ググるまで知…

今日の空

暑い。とにかく暑い。 エアコンを入れっぱなしになっているので 外に出て汗が滲むようにで始めるまで 少し散歩をする。 汗がダラダラ出るまで歩いたりしない とにかく汗がで始めたら そこで散歩をやめ家路を急ぐ。 散歩だけだと退屈なので 道端に咲いてる花…

深呼吸

複雑に絡み合ってると 思っていた記憶の糸が スルスルと あっと言う間に解けていく 私が生まれる ずっとずっと未来の私から 語りかけられることを 〝今〟の私が受け止め ただ〝やってみる〟だけ 不安や迷いが 止めどなく溢れ止まない時は 浅くなった息を整え…

私のコレまでのこと②

『私のこれまでのてんこ盛り割愛事情』 私は第二次ベビーブームに生まれた。バブルの時代に私は10歳の壁といわれる時だったと思う。その10歳の壁の時代までは、自分が自分でいられたような気がする高学年になるとまず担任が合わなかったのと、男女の身体の事…

私のコレまでのこと①

『やっちまった4度目の○○』 青くてぴーかんの空をみてもちっとも心に響かないのは、鬱到来?!なのかはたまた、私の目が年老いて曇ってしまったからだろうか? いや、どう考えてもおかしいはずだ。何故なら、私3日前にやっちまったじゃん4度目のOD(苦笑) で…

久しぶりの作詞

去年、作詞を手伝ってくださいといわれ、私はただ少し言葉じりを変えたりすれば良いだけだと思って気がるに返事をしてしまいました。 大昔に通信で一時的に作詞の仕方などをマニュアルに沿って行っていただけで、最終的には最後まで続けることができませんで…

カクレミノ

キラキラと輝くあの人の影は いつもとっても心地よい 私はこれまで誰かを隠れ蓑にして 借りぐらしのように 人と人の間を綱渡りしてきた サーカスのピエロのように... それが私の生き延びる戦略 彼女の影だと思っていた場所は 実は彼女の翼の下で 私は痛めた…

泣いていいかな

「泣いていいよ」っていわれても 心は泣いてるのに 涙は一粒もでてこないから 可愛げのない人だと 思われてるだろうな... 私が泣きたくても 人前で泣かないのは 私のタイミングを計るように 「泣かないで大丈夫だからね」 と、ヨシヨシされてきたから。 本当…

HANABI-私と息子の聴覚過敏編-

コードブルーの主題歌であるMr.childrenの『HANABI』のことではありません。花火からの聴覚過敏ネタを今日は記事にしてみたいと思います。(すみません。だって、タイトルに使ってみたかったんだもん。) 私は怖がりな自分がとても嫌でした。大きな音が苦手だ…

そういえば...

私の何処かから 溢れて止まない熱量を カタチにはできても 言葉にできなくて もどかしい。。。 目の前にヒラヒラと舞う 蝶を追いかけて ようやく野の花に止まったから 息を潜めて そーっと捕まえようとした瞬間 すっーと私の目の前から またヒラリと 飛んで…

利き手

最近SNSのタイムラインでカマキリの画像をみかけたり、夏にはいってから草むらや花に目をやると、カマキリをみかけることが多くなり昨日もでかけた先で、花の写真を撮ろうとしたらその近くの雑草の中にカマキリをみかけたので、これは何かのメッセージなのか…

今日の空

蝉の大合唱が聞こえるようになり 数日たちましたが 我が県はまだ梅雨明けに いたってないようです。 桜の開花宣言のように 蝉が鳴き始め 大合唱が始まったら 梅雨明けといった風になるといいのに... なんて思ったりしますが 天気図の気圧配置の様子や いくつ…

灯火

この世に生まれた意味を いつも僕は自問自答していた 月の光を浴びながら またいつか還る日を夢みて 僕は天を仰ぎ 望郷の彼方を描いては 夢をみていた 恐れの中にある 悲しみや怒りを 持て余すことで いつも僕は僕自身を責めていた 誰にも灯すことができなか…

みいつけた

私、ずっと自分だけに届く言葉を ただ探してただけだったんだ たくさんの落ち葉の中から お気に入りの葉っぱをみつけて 拾い集めて宝物にしてたように 幼い頃から拾い集めた言の葉を 誰かのために紡ぐことが 私の使命なのだと 勘違いしてた そうであればいい…

ずっと探していたもの

僕が欲しかったぬくもりは 僕が思っていたものと 違ったようだ 彼女が時々そっと手に触れ 優しく握りしめてくれたり 木漏れ日のような笑顔で いつもみていてくれたり 言葉とは違う柔らかなオーラで いつも包みこんでくれていた 彼女から受け取る 全てのこと…

渇き

前に進んでいるはずなのに 心はどこかに置いてけぼりで 生きることだけで 精一杯だった頃から 空っぽのままの私が 当たり前になっていた 渇いた喉を潤したくて 勢いよく冷たい水を 飲んでも飲んでも 喉がカラカラに 渇いているような錯覚に陥り 何を飲んでも…

日曜日のブランチに

いつもあなたが 言ってくれる 何気ない一言に 今日は何故か 〝キュン〟として 思わず利き手で 胸を抑えたくらい... あなたは何にも 変わっていないのに いつも通りの 「ありがとう」に 何故か〝キュン〟とした そんな自分に 戸惑いながら 照れくさそうに モ…

今日の空

夏が来たーーって感じの青空が広がっていてもジメジメしてるからか久しぶりの外干しは 洗濯物がなんだか湿っぽく感じましたが 今日はお布団干したいから カラッと晴れて欲しい そして少々風も吹いてくれたら...なんて ムシの良いことを思っている ワガママな…

また今日も

ふと見上げる空の色が 今どんな色で どんな雲の形で 浮かんでいるのかさえ 今までちゃんとは みてこなかった。 たくさんの人が 写真に納めたくなるような そんな空ではなくても 見上げればすぐそこにある なんでもない空でさえ 愛しさや儚さを 感じてしまう…

私が守りたいものはなんだろう

昨日の私は今日の私とは少しだけ違う昨日までに手に入れた物事を今日はもう手放せている この間まであんなに必死で守りたかったものって一体何だったのだろう?何故あんなに必死に守ろうとしてたんだろう? プライド?それとも、夢?昔捨てられたお人形?一…